参考図書 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

  数多くの信頼できる研究によって本当に健康によいと考えられる食事

  1. 野菜と果物
  2. 茶色い炭水化物
  3. オリーブオイル
  4. ナッツ類

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

津川友介  UCLA助教授/医師

Photo

参考図書 『声がよくなる舌力の作り方』

舌の位置が声だけでなく健康な体に関係がある。

普段は気にしていない舌の状態、一度チェックしてみる必要がありそうです。




28973696_1


『声がよくなる舌力のつくり方』  篠原さなえ  講談社 2018

参考図書 『ランニングする前に読む本』

スロージョギングの田中先生の本です。

効果的にトレーニングを進めたい方にお勧めです。

28283773_1_2

本の説明 (講談社)

参考図書 『やってはいけない脳の習慣』

東北大学加齢医学研究所の先生の報告です。
仙台市立小中学校の児童生徒7万人のデータを解析した結果。
  • スマートフォンを長く使うほど、前頭葉の活動低下が引き起こされている。
  • 家で2時間以上勉強しても、ほとんど勉強していない子と同じ成績になってしまう。

81klpvpaal


『やってはいけない脳の習慣』 川島隆太 監修  横田晋務 著 
青春出版社 2016 

参考図書 『SAQトレーニング』

最新版 写真がカラーになって旧版よりも分かりやすくなった。

078

SAQトレーニング  日本SAQ協会監修 ベースボール・マガジン社

オレゴン大学では1989年以降、SAQトレーニングを実施している。
その結果、

定期的に実施した場合   健康 73% : 負傷 27%

不定期に実施した場合   健康 17% : 負傷 83%

障害予防にSAQトレーニングがいかに有効か、一目でわかる数字が出ている。

 

参考図書 『カロリーゼロはかえって太る』

カロリーゼロに引き寄せられてしまう人におすすめの本です。

人口甘味料って、好ましくない作用があるのですね。

  1. ホルモンに影響を及ぼす
  2. 味覚を鈍化させる
  3. コカイン以上の依存性がある

私たちの健康にとって重要なのは、

「適度のアルコール + バランスの良い食事 + 適度な運動、
そして良い睡眠」です。

002

『カロリーゼロはかえって太る』  大西睦子 講談社 2015

  • 第1章 「ビールで腹が出る」はデマだった
  • 第2章 知られていないアルコールと体重増加の意外な関係
  • 第3章 アルコールのカロリーしどれくらい?
  • 第4章 飲むと食べたくなるメカニズム
  • 第5章 アルコールに含まれる炭水化物の正体
  • 第6章 なぜ日本には違う種類のビールがこんなにあるのか
  • 第7章 「糖質オフ」「糖質ゼロ」のお酒は安全か?
  • 第8章 アルコールとのつき合い方
  • 第9章 「低炭水化物ダイエット」はどこまで大丈夫なのか
  • 第10章 炭水化物が悪モノって本当ですか?
  • 第11章 炭水化物制限より、人生において忘れてはならないこと
          ~ハーバードいいま、健康をどうとらえているか

参考図書 『葛西紀明 40歳を過ぎても衰えない人の秘密』

葛西紀明選手は大きなケガを起こさない。
自分のトレーニングはどうだろうか?

葛西のアスリートとしてのすごさの1つは、仮にケガをしたとしても、それが大きなケガにはならないところです。
スキージャンプは、一歩間違えれば大ケガにつながる非常に危険な競技です。それを長年続けてきて、結果的に致命的なケガは一度もおっていないのです。

選手には大小さまざまなアクシデントが起こります。大事に至らないところで危機を回避する選手もいれば、場合によっては、たった一つのケガで選手生命が絶たれてしまう選手もいます。

その差は、いざというときの反射神経やバランス感覚といった瞬間的な反応、運動神経であったり、普段からの身体ケアであったりします。

著者は元全日本スキー連盟ジャンプトレーニングドクターです。

葛西紀明氏がどうやって体力を維持しているかは書いてはありませが、
現在のパフォーマンスを維持していきたい方には参考になる本。

『葛西紀明 40歳を過ぎても衰えない人の秘密』  佐々木敏 

001

  • 第1章 トレーニングドクターがみた葛西紀明・衰えない身体の秘密
  • 第2章 「心の持ち方」で現役寿命は大きく変わる
  • 第3章 7度のオリンピックと「挫けない心」の軌跡
  • 第4章 「一瞬」に賭けるスキージャンプの奥深さ
  • 付 章 「現役力」高めるかんたんトレーニング

参考図書 『日本人は100メートル9秒台で走れるか』

走りのメカニズムがやさしく解説されています。

Img_6379

『日本人は100メートル9秒台で走れるか』  深代千之  祥伝社

  • 第1章 なぜ、ボルトは速いのか
  • 第2章 「走る」ことのメカニズム
  • 第3章 日本人は100メートル9秒台で走れるか
  • 第4章 「バイオメカニクス」で人の動きはどう変わる?

参考図書 『走った!撮った!世界のマラソン』

ジャーナリストの辰巳さんがマラソン大会を走りながら撮った写真だ。

ページをめくっていくと走ってみたくなってくる。

Img_0819

 

『走った!撮った!世界のマラソン』  辰巳郁雄 写真・文  東宝出版

  • New York
  • Berlin
  • London
  • Rome
  • Paris
  • Seoul
  • Tokyo
  • Naha, Okinawa, Kumejima
  • Osaka
  • Kyoto
  • Tokyo-Yumemai
  • Gochang

参考図書 『始める力』

何かを始めようとしてためらっている方はチェックしてみましょう。

自分を伸ばす方法は自分で見つける。自分のことは自分で変えていく。

若い世代こそ、"始める潜在力"を秘めている。
そして"始める人"は大差をつける。

Img_9469

『始める力』  石田 淳  幻冬舎

  • 第1章  「始める」とはなにか
  • 第2章  「始めること」が難しい理由
  • 第3章  行動科学マネジメントで「始める」を考える
  • 第4章  「始める」ための17のヒント

より以前の記事一覧

カテゴリー

フォト