コアコンシンポジウム2018

(一財)日本コアコンディショニング協会は15周年です。

コアコンシンポジウム2018

11.18(日) 星陵会館

テーマ : コアコンがこれからの健康にもたらす価値とは

Dsc_0921_1

プロフェッショナル向けセッション

Img_1695

プログラムの内容は 秘密 

JCCA講師更新セミナー

財団法人 日本コアコンディショニング協会

平成24年度の講師更新セミナー受講完了!

参考図書  『コアセラピーの理論と実践』

『コアセラピーの理論と実践』 

監修 平沼憲治 岩崎由純  編集 蒲田和芳  講談社 

41eweu33rel_sl160_

コアコンディショニング

①すべての身体活動に通じる姿勢改善を目的とする

②各種トレーニング・運動スキル獲得の最大効果を引き出すことを目的とし、ヒトの発育・成長過程に沿って進められるエクササイズ体系である

③リラグゼーション・スタビライゼーション・コーディネーションの3段階で身体の運動機能の再教育を図る

④コア(身体の中心)から末梢にその効果を波及させる

『コアセラピーの理論と実践』 p.2

プロフェショナルのためのコンディショニング

サイクリスト、トレイルランナーのコンディショニングトレーニングです。

ストレッチポールに乗ったときの身体の感覚をしっかりと掴んでいます。

感覚が研ぎ澄まされているので初めてでもすぐにベーシックセブンを覚えてしまいます。

Img_0181

テニスコーチの研修会

千葉市スポーツコーチャー テニス専門部の研修会です。

ストレッチポール、ベーシックセブンでリアライメントと
いい状態になった身体を安定させていくことの実技です。

さすがにテニスのコーチだけあってストレッチポールが
初めてで身体の動かし方がとても上手です。

コーチングの現場で利用してもらえるといいと思います。

写真はテニスコミュニティ千葉理事長の秋山忍氏のブログに掲載されていました。

 本日のメモを少し

ウォームアップで大切なことは順番です。
以下の順番で進めていくと効果的です。

  1. 整える
  2. 安定させる
  3. 動かす

世界へ広がる コアコンディショニング

財団法人日本コアコンディショニング協会 <コアコンフェスタ2010 in Tokyo> 開催されました。

この協会のすごいところは
9/17(金)から20(日)までの3日間でセミナーと講演会と盛りだくさんののことです。

セミナーは2日間で全部で12コマ、セミナーのあとは懇親会。
講演会と総会は最終日に朝から夕方まで。
かなり体力が必要です。
参加者のほとんどが運動に携わる方なので
皆さん何ごともないように進んで行きます。

<コアコンメソッドを世界にを広げる>ことが
理事長のスピーチにありました。

誰もが簡単に使えて効果が高いメソッドは
世界に伝わっていくことが確かなことだと感じます。

これからの発展が見逃せない。

  勉強しました

子ども達の素顔と未来を創るギッズコアコン

ATC体育倶楽部 キッズトレーナー 宮崎 拓 先生

現代のおいて子どもたちを囲む環境が遊びのなかから
身体を自然に鍛えられる環境になっていない。

未来のアスリートのパフォーマンス向上に
未来の大人の不定愁訴の減少に
未来の大人が元気になる

キッズのためのコアコンはとても重要だ!

 

驚異のリアライン・トレーニング

広島国際大学准教授 蒲田和芳先生

<バランスシューズで垂直飛び4週間で15cm向上>
陸上競技をサポートしているものにはとても興味を覚える響き。

バランスシューズを使用して股関節と下腿のグローバルアライメントを
整えると動きがとてもスムーズにります。

きれいなアライメントは力を100%に近くまで発揮できるようになります。

さっそく購入して毎日トレーニングすることにしました。

バランスシューズ → GLAB 

故障者激減 アスリートのためのW-UPと補強トレーニング

~最高のパフォーマンスを引き出すために~
コンディショニングセンターBeing  渡辺なおみ先生

ウオームアップをしっかりやらずにパフォーマンスアップを望むことなかれ。
身体が少し動きやすくなればよいというものではない。
完全にパフォーマンスを引き出すためのものでなければならない。

ウォームアップにはよく考えられた種目と順番が大切だ。
ウォームアップのメニューはメイントレーニングメニューと同等かそれ以上の考慮が必要だ。

カテゴリー

フォト